台風をきっかけに親子関係を良くする

こんにちは。高橋美穂です。

はじめてこのホームページにこられた方は「初めての方へ」を読んでみて下さい。

台風21号、あなたの地域では被害など、ないでしょうか?

私のところは、今はまだ雨も降っておらず穏やかな天気ですが、

昨日の時点で、

「明日は警報発令の有無にかかわらず、市内の幼稚園、小学校、中学校は、一斉臨時休校とする」

という連絡がありました。

JRなどの交通機関も運休予定を発表しています。

あなたの子どもはどんな反応を見せていますか?

「休みだ!ラッキー!」

と喜んでいる子もいるかもしれませんね。

雨風がひどくなってくると、好奇心旺盛な子は

「外に行ってみたい!」

なんて言うかもしれません。

それは、ダメですよね…。

でも、言い出したら聞かない。

きっと、子どもも「台風が危ない」ということは、

幼稚園や小学校でも聞いているし『言葉』ではわかっています。

なのに、そこであなたが、

「危ないから外には絶対出たらダメよ」と、

また言葉で言っても伝わりにくいです。

あまりにも面白がっている場合は、台風の被害の写真を見せて、

「これだけ怖いのよ」と説明するのもいいかもしれません。

やはり『視覚』で伝える方が伝わりやすいです。

一方、雨や風の音に敏感に反応して怖がってしまう子もいるでしょう。

シャッターを閉めるなど、できる限りの防音をして下さい。

そして、好きな音楽をかけたりして、一緒に過ごしてあげて下さいね。

「そこまで怖がらなくても・・・」

なんて言わないで、

「そうだね。怖いね」

と、共感してあげて下さい。

この共感は、外に行ってみたいという子にも有効です。

「外に行きたいね。それはわかるけれど・・・」

と、あなたが一旦気持ちを受け止めてあげると、

あなたの指示も通りやすくなります。

いつもあなたが、子どもの気持ちを受け止めてあげると、

愛情残高無料メール講座で詳しく説明しています)が増え、

親子関係が良くなります。

今日は、一日家にこもることになるでしょう。

「ずっと家の中でいるなんて、時間をもてあましてしまう・・・」

と思うより

「せっかく子どもと一緒に家にいるのだから、おもちゃの整理をしてみよう」

「時間があるときに、と思っていたキッチンの掃除をしようかな」

なんて、できることを考えてみて下さい。

では、くれぐれも気を付けてお過ごしくださいね。

【高橋美穂からあなたへのメッセージ】

いつも『発達障害克服ブログ』を読んでいただきありがとうございます。
『高橋美穂 公式サイト』では、自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)に対応しています。
あなたが発達障害を克服するために、必要な知恵や知識を『無料メール講座』を通じて、無料で配信しています。
子どもの発達障害を克服したい方は、ぜひ参加してみて下さい。

   

日本以外から登録希望の方は、メール(info@takahashimiho.com)にて連絡下さい。
日本国外からは登録できない設定になっています。

またLINEにて、日々の子どもへの対応無料で配信しています。

配信希望の方は下記から友だち追加をして下さいね。

友だち追加
LINE ID:@takahashimiho
https://line.me/R/ti/p/%40takahashimiho