2学期の見通しを立てて、安心させてあげましょう

こんにちは。高橋美穂です。

はじめてこのホームページにこられた方は「初めての方へ」を読んでみて下さい。

台風、そして北海道での地震で被災された方々、心よりお見舞い申し上げます。

これ以上被害が大きくならないことを祈るばかりです。

2学期スタートは、災害続きでしたが、子どもの様子はどうでしょうか?

うまく幼稚園や小学校生活をスタートできているでしょうか?

2学期は、運動会音楽会遠足生活発表会など行事が盛りだくさんです。

小学校高学年になると、林間学校の合宿なども加わってきます。

「色々行事があって楽しい!」という子どもであれば、いいのですが、

『いつも同じ』ことに安心を感じる子どもにとっては大変な時期でしょう。

どの行事も『みんなと同じ』ようにこなしていかなければ!と意気込むと、

子どもはもちろん、あなたも疲れてしまいます

だから、

楽しめるものは、楽しむ。

休憩するときは、休憩して、参加できるものだけ、参加する。

そんなスタンスでいてもいいでしょう。

2学期が始まって、

もう運動会や音楽会に向けての練習がスタートしているところもあります。

子どもは、その練習を理解し、納得していますか?

「いつもは遊ぶだけなのに、音楽に合わせて踊らなくてはいけない」

「急に、外での体育が増えてきた」

「リコーダーや鍵盤ハーモニカの練習、なんでこんなにしないといけないの?」

周りの子は、疑問に思わず練習しています。

そんな、いつもと違うクラスの様子についていけず、

「なんか学校(幼稚園)に行きたくない」と思ってしまうかもしれません。

この土日にでも、2学期にどんな行事があるか、説明してあげましょう。

カレンダーの行事の日に〇を付ける。

「今は9月。その次の10月になったら、すぐに運動会があるよ。」

「そして、その次の11月に音楽会があるよ。」

カレンダーや『〇月』の理解ができていないくても、言ってあげて下さい。

「9月はAちゃんのお誕生日があるでしょ。10月はお母さんの誕生日だね。」

と、誕生日などに結び付けて、少し説明してあげてもいいでしょう。

厳密にスケジュールを把握させる、というのではなく、

何日か過ぎて行けば『運動会』というのがやってくる、

そしてもっと過ぎれば『音楽会』があるんだ。

と、なんとなく、わからせてあげて下さい。

「だから、外での体育が多いのか」

なんて、少しでも腑に落ちることがあれば、安心につながります。

2学期の『見通し』を立ててあげて下さいね。

【高橋美穂からあなたへのメッセージ】

いつも『発達障害克服ブログ』を読んでいただきありがとうございます。
『高橋美穂 公式サイト』では、自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)に対応しています。
あなたが発達障害を克服するために、必要な知恵や知識を『無料メール講座』を通じて、無料で配信しています。
子どもの発達障害を克服したい方は、ぜひ参加してみて下さい。

   

日本以外から登録希望の方は、メール(info@takahashimiho.com)にて連絡下さい。
国外からは登録できない設定になっています。

またLINEにて、日々の子どもへの対応無料で配信しています。

配信希望の方は下記から友だち追加をして下さいね。

友だち追加
LINE ID:@takahashimiho
https://line.me/R/ti/p/%40takahashimiho