発達障害の子の病院選び

こんにちは。高橋美穂です。

はじめてこのホームページにこられた方は「初めての方へ」を読んでみて下さい。

最近、少し肌寒いです。

あなたの子どもは、鼻水が出たり、咳が出たりしていませんか?

寒い季節に向かうと、小さな子はすぐに風邪をひいたり、体調を崩してしまいます

症状が悪化して、

「病院に連れて行かないと!」

となったとき、行く病院は決まっていますか?

小児科耳鼻咽喉科などには、きっと1年に何回も行くことになりますよね。

かかりつけ医をもっていますか?

かかりつけ医を持つメリットは、

・何年も継続して診てもらった方が、的確な診断が受けられる

・親と先生の関係ができて、コミュニケーションがとりやすい

・必要があれば、大きな病院に紹介してもらえる

などがあるので、やはり、かかりつけ医はもっていた方がいいです。

では、何を基準に病院を選びますか?

・近所の評判

・院内の清潔さ

・家からの距離

・実際に行ってみたときの、先生との相性

・待ち時間

色々ありますよね。

私も、子どもを初めて病院に連れて行くときは、どの病院にするのか悩みました。

実際、行ってみないとわからないことは多いですが、

家から遠い

待ち時間が長い

というのは、かなりのマイナスポイントになるのではないでしょうか?

長い時間大人しく待てない子を、

移動時間が長くかかる病院に何回も連れて行ったり、

待合室で長く待たせるのは大変です。

待合室では、夫に順番を待っていてもらって、あなたは子どもと外で過ごすなど、

人海戦術が使えるならまだマシです。

しかし、多くの場合、あなた一人が連れて行くことにになるでしょうし、

兄弟を連れて行く必要もあったりします。

最近では、ホームページから予約できる病院も増えています。

待ち時間を短くする目的と、待合室での感染予防のためのようです。

あなたの子どもが、待つのが苦手なら、

そういうサービスを行っている病院を選ぶと、

あなたも子どももストレスを少なくできるでしょう。

また、前もって病院に電話しておいて、子どもの特性を伝えておくとよいでしょう。

診察時間まで、外に出ていて、診察時間が近づいたら

あなたの携帯に連絡を入れてもらうようにしてもらう。

お会計で時間がかかるときは、とりあえず多めの金額を受付に渡しておいて、

おつりは後日取りにくる。

診察室が騒がしければ、静かな別の部屋で対応してもらう

などの配慮をしてもらえるかもしれません。

病院側も、見た目では発達障害とわからないので、

特性があるなら前もって言っておいてくれたほうが、対応のしようがあります。

何回も行くような、小児科や耳鼻咽喉科に関しては、

あなたも情報を多く持っていると思いますが、

皮膚科歯科整形外科などはどうでしょうか?

もしかしたら、お世話になる「」についても、情報を集めておきましょう。

子どもが病気、ケガをするのは突然です。

ケガや病気をしてから、あわてて病院を選んでかけこんだら、

・待ち時間がすごく長かった

・特性のある子に理解のない先生で、診てもらえなかった

・あなたや子どもが、傷つくような言葉をかけられた

なんてこともあります。

親身になって診てくれる病院なら、

その病院で対応できないときは、専門の病院を紹介してくれます。

先手、先手で病院について調べておいて、悪い事はありません。

良い病院、良い先生に巡り合って、

あなたの育児の協力者を増やしていきましょうね。

【高橋美穂からあなたへのメッセージ】

いつも『発達障害克服ブログ』を読んでいただきありがとうございます。
『高橋美穂 公式サイト』では、自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)に対応しています。
あなたが発達障害を克服するために、必要な知恵や知識を『無料メール講座』を通じて、無料で配信しています。
子どもの発達障害を克服したい方は、ぜひ参加してみて下さい。

   

日本以外から登録希望の方は、メール(info@takahashimiho.com)にて連絡下さい。
日本国外からは登録できない設定になっています。

またLINEにて、日々の子どもへの対応無料で配信しています。

配信希望の方は下記から友だち追加をして下さいね。

友だち追加
LINE ID:@takahashimiho
https://line.me/R/ti/p/%40takahashimiho