台風への考え方が、あなたの育児を変えてくれる

こんにちは。高橋美穂です。

はじめてこのホームページにこられた方は「初めての方へ」を読んでみて下さい。

今年の秋は、台風が多いように感じます。

台風24号の影響、あなたの地域ではどうでしょうか?

私のところは、まだ雨も降らずいつもと変わらない天気です。

けれど、9月はじめの台風21号の時もそうでした。

雨風がどんどんひどくなって、近くでは浸水した場所もありました。

そして、停電にもなりました。

非常用品はそろえているつもりでしたが、

実際に停電してみると、「必要なものがない」と実感しました。

だから、今回はそれを教訓に、停電になっても困らないように準備をしました。

相手が台風の場合、その備えをしますよね。

機械で、台風に負けない風を送って、台風の進路を変えてやろう

台風に向けて、ミサイルか何かを打ち込んで、それ自体を消してやろう

と思う人はいません。

台風の進路や、強さを予測して、被害がないように対策を取りますよね。

台風は変えられない』と誰もが思っているからです。

この考え方を育児に取り入れてみるべきだ、と私は思うのです。

子どもは、あなたの子どもだから、あなたは

「自分が変えられる!」と思っているのかもしれません。

けれど、変えられないのです。

このことは、無料メール講座でもお伝えしているので、

何回もしっかり勉強して下さいね。

変えられない、とあなたが自覚すれば、あなたの行動がかわります。

「割れてあぶないから、投げないで!」と注意するより、

割れるようなものを、子どもの近くに置かないようになります。

投げても何も壊れないような、

ぬいぐるみや空のペットボトルを置いておこうと思うようになります。

投げても害がないなら、投げさせてやったらいいのです。

気が済んだらやめます。

それだけです。

子どもはあなたから叱られることが1回減って、

その時、自己肯定感を低くする可能性もゼロになります。

『自分は何も変わらずに、相手だけを変えてやろう』という思いが、

何の変化も起こせなくなってしまうのです。

『台風や天気』と『子ども』、同じように捉えればいいと、お話してきましたが、

違うところがあります。

台風や天気は、こちらがどうやっても変わりませんが、

子どもは親が変われば変わります

「きれいに片付けなさい!」と何回も言うよりも、

わかりやすい仕切りのおもちゃ箱を用意して、

片付けやすくするようあなたが動けば、

子どもは、自分で片付けられるようなってきます。

まずは、あなたが変わりましょう

そして、子どもの変化を楽しみに待ちましょう!

【高橋美穂からあなたへのメッセージ】

いつも『発達障害克服ブログ』を読んでいただきありがとうございます。
『高橋美穂 公式サイト』では、自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)に対応しています。
あなたが発達障害を克服するために、必要な知恵や知識を『無料メール講座』を通じて、無料で配信しています。
子どもの発達障害を克服したい方は、ぜひ参加してみて下さい。

   

日本以外から登録希望の方は、メール(info@takahashimiho.com)にて連絡下さい。
国外からは登録できない設定になっています。

またLINEにて、日々の子どもへの対応無料で配信しています。

配信希望の方は下記から友だち追加をして下さいね。

友だち追加
LINE ID:@takahashimiho
https://line.me/R/ti/p/%40takahashimiho