8月31日の夜、自殺を考える

こんにちは。高橋美穂です。

はじめてこのホームページにこられた方は「初めての方へ」を読んでみて下さい。

今日は8月31日です。

もう2学期が始まりますね。

あなたの子どもは、まだ小さいので、

9月』や『2学期』を意識することはないかもしれません。

けれど、もう少し大きくなって、

小学校高学年、中学生、高校生になると、意識するようになります。

そして、学校に行きたくない子、なじめない子のなかには、

学校に行けないことに罪悪感をもってしまう子が多くいます。

・学校に毎日行くのが『普通』なのに、自分は普通になれない

・親も先生も、学校に通えと言う

・理由は自分でもわからないけれど、行けない

・行けない自分はダメ

自分を追い詰めて、2学期が来るのを恐れて、自殺を考える子もいます。

できれば、学校に毎日通って、勉強をしたり、友達付き合いをして、

人生経験を増やして欲しいと思うのがですよね。

でも、学校は『絶対』ですか?

あなたは『学校』や、『不登校』をどのようにとらえていますか?

あなたの価値観・考え方が、そのまま子どもの価値観・考え方になる

ということを覚えておいて下さい。

例えば、多くの友達がスイミング教室に通っているとします。

あなたの子どもは、行きたくないというから通わせていない。

それで、あなたの子どもは将来、罪悪感を持つと思いますか?

あなたは、悩みますか

そうはならないでしょう。

なぜなら、あなたも世の中も、

スイミング教室を『絶対』のものとして考えていないからです。

あなたや周りの人間が、学校を『絶対』と考えていなければ、

もし、子どもが学校に通えなくなっても、

「なぜ、友達は毎日通えるのに、自分はできないのか」

という思いはあっても、悪い事をしている認識は持たないでしょう。

自殺なんて考えもしないでしょう。

価値観ひとつ、考え方ひとつで、人の人生が変わります

だから、無料メール講座でもお伝えしていますが、

あなたには『普通』という言葉に敏感になってほしいのです。

あなたの考える『普通』、本当にあなたの考えたものでしょうか?

あなたの『普通』が、子どもを苦しめることがないようにしたいですね。

【高橋美穂からあなたへのメッセージ】

いつも『発達障害克服ブログ』を読んでいただきありがとうございます。
『高橋美穂 公式サイト』では、自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)に対応しています。
あなたが発達障害を克服するために、必要な知恵や知識を『無料メール講座』を通じて、無料で配信しています。
子どもの発達障害を克服したい方は、ぜひ参加してみて下さい。

   

日本以外から登録希望の方は、メール(info@takahashimiho.com)にて連絡下さい。
国外からは登録できない設定になっています。

またLINEにて、日々の子どもへの対応無料で配信しています。

配信希望の方は下記から友だち追加をして下さいね。

友だち追加
LINE ID:@takahashimiho
https://line.me/R/ti/p/%40takahashimiho