運動会に参加できないことは人生の汚点?

こんにちは。高橋美穂です。

 

運動会シーズンですが、あなたの子どもは、練習に参加できていますか?

この時期、練習を嫌がって、幼稚園や小学校に行きたくなくなったり…、

というのもよくあることです。

あなたは、自分にできることがあれば、してやりたい!

と思いますよね。

それなら、まずは先生と相談しましょう。

・何が不得意なのか(大きな音が苦手、みんなと一緒に走るのがいや)を伝える

・参加可能な競技、休ませて欲しい競技は何なのか

・子どもが練習に参加したくない時に、先生にお願いする事

こういったことを、先生と話し合いましょう。

そして、『運動会』を絶対に参加しなくてはいけないもの、と

あなたも先生も思わないことです。

確かに運動会は、大きなイベントです。

思い出の一つではあります。

けれど…、

あなたは、あなた自身の幼稚園のときの運動会を覚えていますか?

「年中のとき、風邪をひいてあなただけ運動会を休んだのよ。」

と、あなたが母親から言われたとしたら、どう感じますか?

みんなより思い出が1つ少ない!?

と、ショックですか?

そんなことないですよね。

「ふ~ん」、で終わるでしょう。

だから、そんなものなんです。

運動会で、子どもの人生の体力を使わなくていいんです。

できることは参加して、できないところは、『今は』参加しない。

年少の時は、ただみんなの中で立っているだけだった。

年中の時は、「運動会」ということがわかって、終始泣いていた。
でも、徒競走では、ちゃんと走っていた。

年長になって、徒競走はもちろん、みんなとそれなりにダンスも踊れていた。

そんな感じで、少しずつ、できるようになっていきます。

成長したがゆえに、色々感じるところがあって、

前の年にできていたことを嫌がることも、もちろんあります。

でも、

』できないことを、このままずっとできないかも、

心配し過ぎないで下さい。

今はできないけれど、来年、再来年はどうだろう?

なんとかなっているんじゃないか?

あなたがそんな気持ちでいれば、

子どももプレッシャーを感じずに、のびのび生活できます。

目の前のことで躍起になってしまうときは、

もう少し先の未来に焦点を当てて考えてみましょう。

何か質問などあれば、気軽にLINEで聞いてくださいね。